2010年07月03日

ブラジル対オランダ観戦記

ワールドカップもとうとうベスト4が出始めましたね。

ブラジル対オランダは結果的にはオランダが2−1で勝利したけど本当に見応えがあった。

前半のブラジル、ロビーニョのゴールは素晴らしかったし、それ以外にもカカなどの惜しいシュートが何本かあった。

惜しかったのはオウンゴールと退場。。。
しょうがないけどね。

逆にオランダの得点シーンはコーナーから狙いすましたシュナイデルのヘッド。

準々決勝では早すぎた戦いだな。
正直、ブラジルはもう少し観たかった。

でも今日はアルゼンチンvsドイツ。

大会前からの主役候補のメッシに対して今大会で最も攻撃陣が好調なドイツ。
エジル、クローゼ、ミュラーは脅威だ。

やっぱりワールドカップって最高ですね。
posted by kazu at 16:26| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。