2012年05月04日

U-14国際サッカー大会を観戦

今日は駒澤競技場で開催中のU-14国際サッカー大会を観戦しました。


image-20120504162725.png


サントスvs宮城選抜は5-0とサントスの大勝でしたがボールの支配率は五分五分でした。

差を感じたのはゴール前でサントスは積極的に仕掛けるのに対して、宮城はパスを選択してしまうなど消極的な印象。

国民性?

いやいや、やっぱり実力差なんでしょうね。

日本代表にも言えることだけどゴール前での積極性を意識したチームづくりを徹底することと経験を積んで自信をつけないとね。
posted by kazu at 16:29| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。